2011年09月17日

ベストな"Best Bow"を目指して…


bestbow01.jpg


写真は以前作った試作段階のお洋服ですが、
紹介させていただきます。

BARBIE BEST BOW 1967

という、とても有名なバービーのドレスを自分なりに作ってみたものです。
本物は持っていませんので、写真を見て、市販の型紙を参考にしつつ、
仮縫いしながら、それらしい物を目指してやってみました。


できあがってみますと、
脇をもっと詰めたい、身ごろはもう少しだけ短めでも良いかな、
胸が少しだぶついているかな、リボンはもっと端をぴしっとさせたい、とか、
という理想の形に近づけたい思いが益々と沸いて来ちゃいます。

あまりにもベーシックな形のドレスなので、
逆に完璧の形を求めたいのかもしれません。

この試作も欠点がありながらも気に入ってはいるので
その内ペアイメージになるケンの服でも作って、並べてディスプレイしたいと思ってます。

オリジナルとは若干イメージが違ったものにはなると思いますが、
いつか理想の"BESTBOW風"ドレスの型紙を完成させたいと思っています。

ナンチャッテ日本仕様風(日本仕様…これについては後ほど)とか、
怪しげな物も含めたドレス制作を、ゆっくり少しづつやってはいますが、
小さなものではあれ、人形の服は、型紙を起こしてからでも、
3回以上は作ってみないと、満足できるものにはならないように思います。
焦らずに、その機会が訪れた時にでも完成させればよいという、気の長さですが…


それにしてもBestBow、人気があるのもわかります。
シンプルかつ華やかでもあり、小さなドール服として優れたデザインなのだと思います。
何枚でも欲しくなっちゃう、色違いで並べたくなるお洋服です。



bestbow02.jpg



こちらはトーキングバービーです。

Talking Barbe 1968

7月2日の日記でご紹介した金髪トーキングバービーの黒髪版です。
ボディが別物で喋らないのも同じ…

手に入れた時から、普通のTNTボディと合体させてありました。

おさげ風の髪は私がアップさせています。斜めカットの前髪がお気に入りです。

フラッシュ写真なので判り難いですが、退色も無く、健康的な綺麗なお顔です。

1968年版のトーキングバービーは、他に薄い茶髪がいて3種類あるようです。

同じく無口な茶髪っ子も後ほどご紹介したいと思います。


カスタム、修理好きとしては、プラチナや赤毛や超ロングヘアなども作ってみたいですが、
植毛は大変なようなので、今のところは、ウィッグや付け毛専門、
植えるのは、部分や睫毛のみですね…


posted by Patch at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Handmade | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。