2011年10月12日

ツイストバービーとメイドインホンコン・ドール服



BarbieHongkong.jpg


相変わらず、ゆるすぎる背景と写真です。
かなり適当な写真を15分程で複数撮りましたので、少しだけ連続更新できそうです。


後ろはライティングビューローの中に制作中のドールハウスのつもり。
紙でできています。
現在床と天井と壁が各一枚入った処、超ゆっくり進めています。

全てできあがれば、結構見られるものになると思いますが、
今は何だか分かんない感じですね…

スタンドは前にもご紹介した100円ショップで売っている収納用のしきり…

ちゃんとした物もあるのですけど、
こっちの方が場所を取らないので現在のお気に入りです。
見た目はご覧の通り、良くはないですが。
安定は今ひとつなので、普段は壁際に立てかけるように使用しています。



さて、初めて出てきたモッズバービーのストレートヘアーです。

モッズ期のバービーと言えば、この髪型が一番有名だと思います。


Barbie TNT 1968


キツネのようなクールな目つきの、それまでのバービーから、
明るい女の子系顔にモデルチェンジした時、
この髪型(…って帽子被って良く見えませんが…)が最初のスタイルでした。

髪の色は様々で、
プラチナ、薄い金髪、やや黄色めの金髪、灰色がかった金髪、薄い茶色、
黒っぽい茶色、赤毛…などが思い浮かぶのですが、
経年で変化したなどで、元は同じ色が分かれたものもあるのかもしれません。
よく見かけるのは、灰色っぽい金髪、薄い茶、濃い茶のバービーだと思います。

このバービーは薄い茶色系だと思います。


BarbieHongkong02.jpg



お洋服は謎のホンコン製。1960年代後半から70年代前半くらいのものだと思います。

何処が出したものか未だにわかりませんが、中々良い感じです。
帽子はコートと同じ素材で黒と白がありました。

これで後ろ開きのワンピース…
時間があってバラして作り直す機会に恵まれたら、
前開きのコートにしたいものです。

ブーツは最近の品です。モッズ期のバービー物と同じ型から作られています。


マテル社の当時の正規品は素敵な細工の良いものが多く、
私もお気に入りがいくつもあります。

写真集なども多数出ていますので、
自分が持っていなくても、当時のデザインを楽しむことができます。

ですが、中々由来の分かり難いホンコン製や、当時のお母さんの手作りなどにも、
お洋服としての洗練が今一つでも、楽しいファッションが沢山あるので、
このブログでは、そういう物にもスポットを当てていきたいです。


posted by Patch at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Mod Barbie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。