2011年10月15日

40年前のセーラー服



BarbieSailor.jpg


1970年代前半くらいまでのバービー人形とバービーの洋服は、
日本で制作していたそうです。

最近「バービーと私」という本を読みましたが、
当時の日本下請け工場などが、どのようにバービーと関わったのか、
優れた日本女性パタンナーの仕事体験記から詳しく知ることができました。

1872 Sea-Worthy 1969

初めてこのドレスを見た時、縫製の細かさ、綺麗さに驚いたものです。
デザインも形も素敵で、大切にしたいと思いました。
モッズ期のドレスの中で最も好きな服の一枚です。

木綿のように思えるのですが、今でも綺麗な色です。
スカートのプリーツもピシっと入っています。

このセットにはカメラが付属していたそうですけど、残念ながら私は持っていません。
60年代のお洋服には、備品としてカメラの付いているセットが多いのですが、
当時の人にとっては、今デジカメを持っている以上の、最新機器だったのだと思います。

60年代初期ですと、電話機(勿論ダイヤル式です)が付属しているセットも多かったみたいです。


BarbieSailor02.jpg


こちらのバービーは

Barbie Twist N Turn

金髪に白い毛が混じっているような髪色です。
せっかくの綺麗な金髪ですが、髪がやや乾燥しているのが惜しいです。

メイクなどは綺麗なのですが、お顔が黄色くなっています。
今まであまり気にしていませんでしたが、先日撮ったこの写真を見てから、
アメリカのクレアラシルを塗って、現在窓辺に放置中です。

きちんと確認してないので、はっきりしないのですが、
多分OXYとかいう成分が入っている薬には陽の光に反応する漂白効果があるようです。

顔の黄変には結構効果を発揮します。
嬉しいのは、漂白剤などと違って、メイクなどにはダメージが無いことです。

(酸素系漂白剤も、太陽光線との反応でプラスチックの黄変に効果があります。)

時にはマジック系の汚れが落ちる時もあります。
イヤリングによる耳の緑のシミにも効果があります。

古いドールにはまってから、
家の2階の窓辺には白い薬をもられたドールが常時並んでいて、
大変不気味な風景をかもしだしています。

このタイプのクレアラシルは、残念ながら日本には売っていません。
古いドールをお持ちの方は、お役に立つこともあるかもしれませんので、
旅行の機会があった時などに買っておくのも良いかもしれませんね。


クレアラシルの話になってしまいましたが…
溜めた写真が底をついたので、しばらく更新をお休みします。
連続更新で楽しかったのですが、今忙しくて、ドール遊びはしばらくお休みです。

次回は11月過ぎに、以前バラバラにしたケンの服を再生したものからアップしたいと願っています。


posted by Patch at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Mod Barbie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230559091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。