2011年11月15日

私は誰?



amega01.jpg


私は一体誰でしょう?

ヴィンテージのバービーに詳しい方なら、
少なくとも「あのドール」では無い…と、気が付かれるでしょうか。


…あのドール…とは、

1070 Barbie Bendable leg American Girl

です。


ヴィンテージ時代のバービーで、膝が曲がります。
それ以前のバービーにも膝がクリックして曲がるタイプがあったようですが、
当時は珍しい事だったのだと思います。

そして、この写真のような、ボブカットスタイルです。

生産数もそんなに無かったのか、人気があって、結構高価なバービーでもあります。

私はアメリカンガールバービーを持っていません。
いつか欲しいくらいには思っていますが、
綺麗なものは高価なので、ご縁があった時に本当に欲しい素敵なドールを、くらいに願っています。


では、このボブカットドールは一体誰なのか?


実は、彼女は偶然生まれたアメガ風バービーなのです。


カスタム途中のドール写真があるので、たたんでおきます。


続きを読む
amega02.jpg


以前、バブルカットバービーのヘッドをイーベイで落札しました。
リップが剥げているのは、初めから知っていたので、カスタム遊び希望での事でした。

写真でも繭、アイライン、リップなどが擦れているのが解ると思います。
50年近く前の人形ですからね。


ところが、実際に手にしてみると、髪の毛が変な風にカットされていたのでした。

結構広範囲にわたって見苦しく切られていました。
オークション写真の構図ではよくわからなかったのです。

植毛して足そうかとも思ったのですが、面倒だし、とにかく切られた範囲が大きいので、
いっそ、鬘でも被せるかと、毛を全て抜いてしまいました。

そして、何気に家にあるドール用のウィッグを被せていたところ、
一つの鬘で…

「アメリカンガール!」

って事になってしまいました。


そこで以前イーベイで購入したツイストバービーに、
アメリカンガールのボディが付いていたのを思い出しました。
ただ、そのボディは胸が片方凹んでいたのです。一体何をされたんだか…
そのうち直せるかもと思い、何となく保管していたのですけど、
それをひっぱりだして来て…


amega03.jpg


とりあえずパテで胸を埋めてみました。で、しばらく放置していたのですが、


先ほどバブルカットバービーのメイクをリタッチして…


amega04.jpg


合体!生まれ変わりました!


左胸の色が何ですが、
そのうち綺麗にヤスリかけをして、肌の色で塗ろうと思います。

ウィッグもカットもね…ちょっとイマイチなので、そのうちもっとピッタリなのを見つけてあげましょう。
メイクもね…やっぱりリップは難しい。深夜におっつけ10分で描いただけはありというか…
そのうち修正するかもしれません。

とにかくアメリカンガールみたいになりました。


と、我ながら余りにもビンボー臭いなぁ、と思いまして、
せめてオリジナルの服でも…って帽子と靴がありませんが…


amega05.jpg


937 Sorority Meeting

着せてみました。

足もちゃんとクリックします。益々一見アメガです。


amega06.jpg



このドールは目の色が退色して薄くなっています。これはちょっと素敵な変化でした。
ほとんど白のプラチナボブカットのウィッグも、この瞳なら似合う事でしょう。


発作的にアメリカンガールもどきを作った夜でした。


…やっぱりリップの塗りが気になりますね。近いうちに直す事にしましょう。

でも家に来た時よりはずっと可愛い…



posted by Patch at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Custom & Restoration | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。